認定NPO法人
救急ヘリ病院ネットワーク
HEM-Net

支援&寄付
支援のお願い
  • TOP
  • 支援&寄付ー支援のお願い

皆様の支援が必要です

HEM-Netの活動はすべて国民の皆様からの寄付(賛助会員の会費を含む)によって支えられています。

HEM-Netは、NPO法人の中でも、所轄庁である東京都から、特に運営組織や事業活動が適正であり、公益の増進に資すると認められた「認定NPO法人」です。認定NPO法人への寄付には、税法上の優遇措置が認められています。

HEM-Netへの支援

HEM-Netはドクターヘリに関する日本で唯一のシンクタンクとして、国内外のドクターヘリについて調査・研究を行ったり、毎年ドクターヘリに関するシンポジウムを開催し、その結果を必ず報告書にまとめ、必要に応じ、政府に対し提言を行ったりしています。また、ホームページを通してドクターヘリに関する情報を国民の皆様に広く発信しているほか、広報誌も作成しています。更には、超党派の「ドクターヘリ推進議員連盟」や「日本航空医療学会」などと連携し、ドクターヘリに関するさまざまな問題の解決に努めています。
個人の方
寄付をする
個人の方々からの寄付金は「特定寄付金」に該当します。寄付者のその年の寄付金の支出額から2,000円を控除した額を、その年の所得金額等の合計額から控除することができます。
賛助会員になる、
現在賛助会員の方
個人の賛助会費は、一口・年間3,000円。一口以上、何口でも結構です。賛助会員のその年の賛助会費の支出額から2,000円を控除した額を、その年の所得金額等の合計額から控除することができます。賛助会員には広報誌『HEM-Netプラザ』やHEM-Netが発刊する資料などの送付や、HEM-Netが主催するシンポジウム等のご案内をしています。
*HEM-Netの活動への参画をお願いすることはありません。
法人の方
寄付をする
法人からの寄付金は「特定公益増進法人への寄付」と同様に、その年の損金算入限度額の範囲内で、損金に算入することができます。
賛助会員になる、
現在賛助会員の方
法人の賛助会費は、一口・年間50,000円。一口以上、何口でも結構です。法人からの賛助会費は「特定公益増進法人への寄付」と同様に、その年の損金算入限度額の範囲内で、損金に算入することができます。賛助会員には、広報誌「HEM-Netプラザ」をはじめ、HEM-Netが発刊する資料の送付、HEM-Netが主催するシンポジウム等のご案内をいたします。
*HEM-Netの活動への参画をお願いすることはありません。
実績と御礼
皆様からの温かいご支援により、2020年度の一般の寄付総額は、24,661,900円(個人10,066,000円、法人14,595,900円)に上りました。各種調査研究費や広報誌『HEM-Netプラザ』の発刊などに使用させていただきました。

「ドクターヘリ支援基金」の終了

  HEM-Netは、ドクターヘリ特別措置法第9条にいう「助成金交付事業」を行う日本で唯一の非営利法人として、「ドクターヘリ支援基金」を創設し、政府や都道府県などからの公的援助は一切受けず、民間の企業・諸団体・個人から資金を募って、2010年度から2021年度までの12年間にわたり、ドクターヘリ運航基地病院の開設者に対し、「助成金交付事業」を行ってまいりました。
  具体的には、HEM-Netが、「ドクターヘリ支援事業」と呼称して実施してきた

①ドクターヘリ搭乗医師・看護師等研修助成事業
②調査・研究助成事業
③ドクターヘリ運航基地病院における「安全研修会」助成事業
①ドクターヘリ搭乗医師・看護師等研修
   助成事業
②調査・研究助成事業
③ドクターヘリ運航基地病院における
  「安全研修会」助成事業

の3事業であります。

  我が国のドクターヘリは、2022年4月の香川県への導入をもって、全都道府県配備を完了しますが、①の「ドクターヘリ搭乗医師・看護師等研修助成事業」も、2022年3月31日までに、全国のドクターヘリ運航基地病院で活動する医師・看護師220名に対し、充実したOJT形式の実務研修を実施し終えて、ほぼ事業目的を達成することができましたので、同日をもって終了することといたします。

  また、②および③の2事業については、調査・研究の助成は4件、「安全研修会」を実施した基地病院は35病院に止まり、まだ道半ばの感がありますが、制度設計に再検討を要するところもあり、3事業のうち最も主要な事業である「ドクターヘリ搭乗医師・看護師等研修事業」が終了する機会にあわせて終了することとし、今後は、装いを新たにして、HEM-Netの一般事業の中で再出発させたいと考えております。

  以上のとおり、「ドクターヘリ支援事業」は、2022年3月31日をもって終了いたしますので、これらの事業を支えてきた「ドクターヘリ支援基金」も、同日に終了することといたします。

  2010年度から2021年度までに寄付の総額は、1億8016万4209円であります。

  助成実績は、「ドクターヘリ搭乗医師・看護師研修助成事業」に対し1億1260万8141円、「調査・研究助成事業」に対し362万円、「安全研修会助成事業」に対し671万5513円であります。3事業のうち、「ドクターヘリ搭乗医師・看護師研修助成事業」への助成額の占める割合は91%にのぼり、HEM-Netが、いかにこの事業に注力してきたかが如実に示されております。

  なお、「研修調整委員会」の開催など、事業の遂行に要した業務管理費は、総額4443万3372円で、これを加えて「ドクターヘリ支援基金」からの支出総額は、1億6737万7026円となります。

  したがって、「ドクターヘリ支援基金」の執行残が、1200万円余あることになりますが、これについては、2021年度中における未払金等の会計処理を終えた後、HEM-Netの一般会計に繰り入れることといたします。

  以上のとおり、HEM-Netは、「ドクターヘリ支援基金」のおかげで、12年間の長きにわたり、「ドクターヘリ搭乗医師・看護師等研修助成事業」という現場救急医療の「質」の向上に大きな貢献をしたとして高く評価されている事業を遂行することができました。長い間、「ドクターヘリ支援基金」に温かいご寄付をいただきました皆様方に、心から御礼申し上げます。まことに、有難うございました。

支援に関するお問い合わせ

HEM-Net事務局に直接お問い合わせになりたい方は、下記までご連絡ください。
認定特定非営利活動法人(NPO) 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)
〒102-0082 東京都千代田区一番町25番 全国町村議員会館3階
TEL 03-3264-1190
FAX 03-3264-1431
E-mail jimu@hemnet.jp